成功も失敗も自分の糧になる!
常に挑戦し意欲的に取り組める仕事

国内営業

T・Y

2014年入社
大阪営業所 主任

趣味は映画、テニス、ゲーム
ユーザーに寄り添った営業を心がけています。

入社した理由

大学院で植物育種学を専攻して品種改良の研究を行っていました。その研究室で使用していたのがアステック製品(サーマルサイクラー)でしたので、会社の名前は知っていたものの、どのような製品を作っているかまでは知りませんでした。
就職活動中は何が自分に向いているかわからなかったのでとりあえず色々な分野(研究開発・企画・製造・品質管理・営業)で就職活動をしていました。これから何十年も働き続けると考えた時に、モチベーションの維持が必須だと思い、将来性や発展性のある会社を探していました。そんな時に、たまたまアステックの求人を見つけ、興味本位で説明会に行きました。アステックが細胞培養に特化した国産メーカーである事、営業がメンテナンスも一貫して行い、営業力だけでなく高い技術力を必要とする仕事である事から興味が湧きました。
研究をしていた立場から、あったらいいなと思うものを自分で作り出したいと思い入社しました。これまで勉強してきた知識を活かし、プラスアルファのご提案ができることをやりがいに感じています。

現在の仕事内容

自分たちが訪問している施設は大きく分けて3つで、大学等の官公庁・企業・病院になります。お客様や販売代理店からの問い合わせがあった場合に直接ご訪問して機器の提案を行います。アステック製品は種類が豊富で、お客様のニーズといかにマッチさせるかが重要になります。機器を使う人数、使用頻度、設置場所やスペース、ガス配管、予算状況に応じて提案できるところが強みです。また、常に使い続ける製品が多いので、購入して終わりではなく、定期的にご連絡したりご訪問したりして、常に安心して使って頂く関係づくりを大切にしています。
お客様のご要望をできる限り叶えたいと思い、入念に打ち合わせを行い「アステックだからしてくれる」「他社ではできないよね」という言葉をもらえた時が一番やりがいを感じます。

メンテナンスサポート

機器トラブルが発生した際は、状況確認を行った上でご訪問して対応しています。インキュベーターのような汎用機器は使えない期間があると困られる場合が多いので、なるべく使えない期間を短くできるよう、トラブルに対して自分一人で抱え込まず周りの社員と情報共有して、お客様にとってより良い対応を行えるようしています。
 また、製品だけでなく、培養をする上での技術的な問い合わせもありますので、細胞科学研究所と協力して解決する事もあります。これは機器メーカーというハード面だけの観点ではなく、そこから派生するソフト面も重要視しているアステックだからこそできる仕事だと考えています。

Daily Schedule1日の流れ

  • 09:00 出社 社内でメール、電話対応
  • 11:00 大学でのアポイントメント商談
  • 12:00 昼食
  • 13:00 大学で代理店と同行、PR活動
  • 15:00 不妊治療施設でのメンテナンス対応
  • 16:00 営業所にてメール対応及び見積作成
  • 18:00 退社

入社を
考えている方へ

アステックの営業は、製品販売だけでなくメンテナンスも行うため、とてもやりがいのある仕事です。最初は覚えることが多く戸惑うかもしれませんが、周りの先輩社員が手助けしますので安心して下さい。
また、お客様と直接話す機会も多く、お客様に合った提案ができる楽しさはアステックだからこそできると思います。既存製品の販売だけではなく、時にはお客様と製品を作っていくような事も可能ですので自由度が高い事も特徴です。